やっぱりチリも積もれば山となる

貯蓄も節約も、ストレスを溜めてしまっては長続きしません。楽しむことが続けていく秘訣ではないでしょうか。

では、どのような方法があるのか。私が実践しているのは500円玉貯金です。お財布の中にある500円玉を貯金箱に入れていくだけの簡単な方法です。それ以外の硬貨だと枚数の割に金額は大きくないし、紙幣を貯めるのはちょっと厳しい、そう考えると500円玉は丁度いいとなるわけです。また、500円なら、ちょっと誘惑に負けてコンビニでお菓子やジュースを買ってしまったぐらいの金額なので、最初からなかったものと考えることができる金額だと思うのです。

その500円玉を一度入れたら取り出せない貯金箱に入れるのも良いでしょう。しかし私は敢えて空き瓶に入れています。中身が見えて、いつでも取り出して数えることができるからです。貯まっていく過程が見えて、金額も確認できるので、モチベーションが上がるのです。夜な夜な数える姿は家族から見たらホラーかもしれませんが。

そしてたくさん硬貨を集めることが目的ではないので、瓶がいっぱいになったら口座に入金し、また一から貯めてまた入金する、を繰り返しています。貯めたお金には目的があるので、ストレスは溜まりません。

人それぞれ考え方があると思うので、この方法をすべての人にオススメするわけではないのですが、このように楽しんで節約、貯蓄することで、チリも積もれば山となる、が実践できるのではないでしょうか。