子どもの教育資金を貯めるために

子育て中は何かとお金がかかります。

食費、衣服費、おむつ代にミルク代、おもちゃやおやつを買うのにも毎日、毎日お金がかかります。

特に、習い事など始めると、毎月多額の金額がかかるようになり、今までコツコツ貯められた貯金もなかなかできなくなりました。

出産前はつけていた家計簿も、子育ての忙しさでつけられなく、何にどうお金がかかっているのか、把握できていません。

しかし、中学、高校と進学していくともっともっとお金がかかると思います。

最近、そんな話をママ友とすることが多くなり、我が家も貯蓄について少しずつ考えるようになりました。

子育てが忙しいので、なかなか節約を考えることは難しいです。

そのため、無駄なお金がどれだけかかっているのか、家族会議を開くことにしました。

やはり、一人で考え込まずに家族で共有することが大切ですね。

今まで見えてこなかった無駄遣いが、どこにかかっているのかが分かるようになりました。

まず、移動にかかる交通費。車を使うことの多かった我が家はガソリン代や駐車場代が家計を圧迫していたので、電動自転車を購入して、行けるところは自転車を活用するようになりました。

そして食費。これが一番かかります。

食費はあまり切り詰めたくないので、二日や三日食べられる作り置き出来るものを考えるようになりました。

外食は月に何度かと決めたり、とにかく考えなしにお金を使わないように、意識を持つようにしました。

こんな風に少しだけ節約や貯蓄を意識することで、少しずつですが、お金を使わないように努められるようになりました。