日常生活を少しでも節約する方法

日常生活を送っていると毎日お金が掛っていきます。お金が掛る部分は最低限衣食住です。この中でも節約が可能なものと不可能なものがあります。例えば、家賃は今住んでいるところが賃貸である場合は引っ越しをしない限り毎月決まった家賃が必要となり節約しようとしてもこれは不可能になります。

節約できるのは食べ物で毎日人間ですから食べ物は必要となり節約するために1食を辞めることは短期間であれば可能でしょうがずっと続けていくには困難です。食費を出来るだけ節約には、食料をスーパーなどに買いに行くときは、夕方を狙っていくのがいいでしょう。

夕方なら3割引きや半額のシールが貼られているのでそれを購入すればずいぶんとお得な食料の購入方法が出来ます。スーパーに食料を買いに行くときの注意点として、お腹が減った状態で行くとこれもあれも食べたいという感情が働きついつい余計なものを買ってしまうことがあります。

これを解消するためには飴やガムなどを口にしながら空腹感を紛わしてから食べ物の購入を行えば空腹時に比べ衝動買いするのを防げる対策になります。衣類については安い服を頻繁に買うのではなく少し高い服を長い期間で購入する方がいいです。安い服はあまり大事にしない傾向になり、すぐにまた服を買うという事を繰り返すのであまりよくはないと思います。