金利について敏感になろう

節約や貯蓄にはいろんな方法がありますが、お金そのもののやり取りには金利がかかってくることも多いのでお金を節約、貯めるにはこの金利について敏感になっておく必要があります。現在では低金利時代が続いているのでお金を預けるにしても借りるにしてもそれほど気にしていない、気にしても仕方がないと考えている人もいるかもしれませんが、たとえわずかでもその金利が長く続くことになればいつの間にかまとまったそれなりの額になってきます。

普通預金口座にしても一件ほぼ同率で比較しても仕方のないほど低い額ですが調べると条件がありますが何倍も金利が付いている普通預金もあります。また低金利といっても借りるほうの金利はずっと高くこちらは金利をよく考えて借りる必要もあります。

キャッシングなどしていないから関係ないと思っている人でもクレジットカードなどの分割やリボルディング払いなどでは金利をしらないうちに払っていることもありしっかりと金利というものを把握しておく必要があります。たとえわずかだと思わずに月々にずっとかかってくることも多い金利なので敏感になっておくことが節約や貯金のためにもなります。特に金利は複利ということになると思った以上に大きな金額になっていきます。