電力自由化で電気会社を変更して、電気代の節約に成功

今は電力自由化により電気会社を自分で選択することができるようになりました。

ガスも自由化されたので同様に会社を選択している人も多いと思います。

我が家も、毎月の電気代を節約するために、電気会社を変更して電気代を節約することに成功しました。

東京電力だと、基本料金にプラスして従量料金が必要となるので、使っていてもいなくても基本料金は必ず必要ということになります。

我が家が選んだ電気会社は、その基本料金がかからないプランなので、基本料金分だけでも浮かせることができるようになりました。

1000円程度かもしれませんが、毎月の出費が少しでも少なくなれば、その分、貯蓄に回すこともできたり、生活費の足しにするなど使い道はあるので、変更してよかったと思います。

ただ、注意が必要なのは、電気の使用量が少ない場合には、逆に電気料金が高くなる可能性もあるので注意が必要です。

従量料金分が、大手の電気会社だと使用料に応じて変動するのに対し、格安の電力会社は一定の料金になるので、使用量が少ないと電気代が高くなるという仕組みです。

変更する際には、自分の家庭の電気使用量がどれくらいなのかを把握して、自分達の生活に適した電力会社を選ぶことが必要だと感じています。