買い物をした金額を手帳に記入しておく

家計簿をつけることができるウェブサイトを利用して、お金の管理をしています。

ただそれだけだとどんどんお金を使ってしまい、ウェブサイトにアクセスをした時にこんなに使っていたんだ、と反省をすることがあります。

元々買い物をする頻度や金額を減らすことを目的としていたのに、普段から買い物の際に注意をしていないともなるとあまり意味がないと思います。

そこで特にクレジットカードを利用した際なのですが、手帳にどこでどれだけの買い物をしたのか、ということをメモしておきます。

手帳に書くことによって、頭の片隅に今月は何を買ったのか、ということを留めておくことができます。

メモをすることが面倒だからウェブサイトの家計簿を利用している、ということがあったのですが、1か月の収支のチェックしか行っておらず、どれが不要なのか、どこを節約すればいいのかが分かりません。

ですから、自分で手帳に書いて管理をする、ということにしました。

それだけでも効果はあると思います。

クレジットカードですでにこれだけの買い物をしているので、もうやめておこうという気持ちにもなります。

色々と管理をする際に注意をしなければ、貯蓄をすることは難しいと思います。