面倒くさがりでもできる?家計簿いらずのゆるーい節約術!

収入が少ない、将来のために貯金したい、なんとなく不安…。生活していく上でお金を好きに使えればいいですが、そうはいかないのが世の常。ほとんどの人ができるだけ節約したい、と思いながら生活しているのではないでしょうか。

節約、と言えば、一番初めに思い浮かぶのは「家計簿」。最近は、デザインの可愛い家計簿もたくさん売っています。家計簿アプリも豊富で、レシートの写真を撮るだけで入力してくれる、便利なものもありますよね。

ただ…働いていたり、子育てしていたりすると、家計簿に書き込む時間すらないことが多くありませんか?買い物が多いと、レシートの写真を何枚も撮ることだって一苦労です。

私は、自他ともに認めるぐーたらな性格なので、少しでも面倒だと感じると、なかなか続けることができません。なので、毎日家計簿をつけることが嫌で嫌でたまりませんでしたし、かと言って週末にまとめてつけようとすると量が多すぎて断念…。だけど、節約はしないと貯金ができないし、生活も立ち行かなくなってしまうかもしれない…。

そこで私が考えたのは、10日分の生活費だけを財布に入れておく方法です。例えば、1か月に使える生活費が6万円だとします。1か月30日として3で割ると、10日で2万円使える計算になります。1日目から10日目まではその2万円だけを財布に入れます。11日目に入る前に、もし使わなかったお金があれば、貯金に回します。そして、11日目から20日目、21日目から30日目も同じように2万円だけでやり繰りするようにします。

使える金額を決めて、財布に入っている以上は使わない、という分かりやすいルールなので、お金を使いすぎることがなくなりました。本当は、自分がどんなことにお金を使っているか記録できることが好ましいのでしょうが、面倒くさいものは面倒くさい!ゆるーくできる節約術だと、我慢しすぎず、続けやすいかもしれませんね。