貯金は1円でも積もれば大きくなる

「1円に笑うものは1円に泣く」という言葉があります。

1円でも100枚集めれば100円になるわけだから1円でもきちんと貯金をするという意識が必要です。

銀行の積立預金も1000円からだったりもするのですが、少しでも貯めたいという人は貯金箱でもいいのでそこに1円を入れていくという行為を繰り返していけばいいのです。

そうしていくうちに貯金箱が重たくなって気が付いた時にはかなり貯まっていたということもあるのです。

貯金をしたいのであれば、1円玉の扱いも丁寧に扱っていくことも必要です。

1円だからといってぞんざいに扱えば1円に泣くという事も出てくるわけで、そういうことにならないためにも1円でも貯金の対象にするという事を忘れてはならないのと1円で救われるということもあるのです。

貯金をするのであれば、こういう小さい金額でもきちんと見逃さずにしておくことも必要で値引きされていたらその分は貯金に回すという事も十分できるのです。

そうしていくうちにお金を貯めることができるようになり、お金の向き合い方にも影響が出てくるようになってお金の流れを把握することも1円単位で計算をすることも出来るようになるのです。

お金を大切にしたいと思ったら1円でも大切にするという姿勢が必要です。