食費を節約したことがかえって良い結果を生みました

節約生活も慣れるまでは少し辛かったのですが、慣れてくるとこの方が楽に思えてきます。

私の場合は食事面において節約をしていますが、以前よりも今の方が時間も気持ちも楽になりました。

以前はわざわざ自分用のおかずを作って食べていたのですが、今では昼食と夕食も決まった物を食べるようにしたので、その分、時間と労力、そして食費の節約になりました。

しかし、時々食べたいものが出てくるので、その時だけは作るか買うか、するようにしています。

それでも時々で、後はほぼ卵と納豆がメインなので、私の分の食費は以前よりもかなりかからなくなりました。

それ以外にも余ったおかずや家庭菜園の野菜を中心に食べているので、量もそれなりにあります。

それでもたんぱく質不足は否めないので、間食にピーナッツを食べるようにしています。

3人家族ですが、1人前も2人前も手間はほぼ変わりません。

しかし、2人前から3人前に増やすと、材料も時間も手間も増えてしまいます。

今は2人前しか作っていませんが、それでもおかずは余ってしまいます。

それが私の昼食のおかずの一部になるので、無駄なく食材は使いこなせていると思います。

家族はリメイク料理を嫌がるので、毎回、新しくおかずを作っています。

コストをかけなくても、それぞれの食事のストレスを減らしたやり方が徐々に出来ているのではないかと思っています。