意外と侮れない「ラテマネー」とは?

貯金をするには節約が一番。

解ってはいるけど、いざ余計な出費を抑えようと思っても、なかなかムダが見つからないもの。

と、思っていたら、ありました。

最近「ラテマネー」という言葉を教えて貰ったので、紹介したいと思います。

皆さんは、スターバックスは好きですか?

私は大好きで、朝の出勤前と夜の帰宅前に立ち寄り、カフェラテを楽しんでいます。

別にタリーズでも他のお店でも良いのですが、そういう「ラテ」系の嗜好品に対して日常的に発生する出費を「ラテマネー」と言うそうです。

塵も積もればなんとやら、一杯300円のラテを朝晩買えば600円、月に20日出勤する(休日は飲まない)として、一ヶ月に12000円の出費になっているのです。

「ちょっぴり奮発、たっぷり贅沢」という気分こそがこのラテ系ドリンクの醍醐味ですが、その「ちょっぴり」の積み重ねが家計を圧迫しているとしたら、そのライフスタイルは少し見直さなければならないでしょう。

とは言え、ゴリゴリ貯金するために一日のささやかな楽しみを失っては本末転倒というもの。

例えば私の場合であれば、ラテを朝か夜かのどちらかにするだけでも、すでに6000円のお金が捻出・節約できます(節約は「ちょっとの我慢」が長続きのコツです)。

このラテマネーに当たる出費を見直して、皆さんの節約が無理なく成功しますように。