簡単に節約・貯金できるルール作り

貯金したいのになかなか貯まらない…という悩みを抱えた人は多いのではないでしょうか。

節約しているつもりなのに貯まらない人、本当に節約できていますか?

私もなかなか貯められなかった一人なのですが、最近ようやく貯金できる体質に改善出来てきたので、その方法をご紹介したいと思います。

まずはやっぱり家計簿ですね。これは絶対です。

私は3年以上継続していますが、自分の支出傾向がつかめるまで、少なくとも数か月は頑張ってみてください。

私は思っていた以上に無駄な支出が多くてショックを受けました。

そのショックと反省から無駄遣いを減らすことが出来れば、貯金体質に1歩近づくことが出来ました。

次は、家計簿を数か月続けてみて得たデータをもとに、1ヶ月の予算を立てます。

月初や給料日など、月に1回だけお金をおろし、予算内で生活するのです。

予算立てのポイントは、あまりギリギリの金額にしないこととと、予備費を用意しておくことです。

私の場合、主人のお給料から決まった金額をおろすと、

①クレジットカードの請求金額を銀行に入れる

②食費などの毎月固定の予算をとる

③残った分は予備費として積み立てる

という風にしています。

イレギュラーな出費があったり、予算じゃ足りなかった時に予備費が活躍します。

こういう風に予算を決めて生活すると、家計簿をつけなくなっても杜撰な家計になることはほぼないと思います。

・家計簿をつける

・お金をおろすのは月に1回だけ

・無理のない金額で予算を決め、その中で生活する

・イレギュラーに備えて予備費を用意する

このシンプルなルールで、私は無駄遣いを減らすことができ、毎月自然にお金が貯まるようになりました。

是非試してみてくださいね。