ボーナスを有効に活用する家計簿

一般的に給料を毎月もらう事で、ある程度毎月かかる費用と言う事は分散出来ます。もしその毎月の費用が赤字であれば、どこかを見直して生活を送る必要があります。そうする事で、毎月でも少しはお金が貯まる計算となり少しは貯金が毎月の分でも行える生活となります。それと合わせてボーナスは夏と冬の二回がほとんどの会社で支給されますが、そこで例えば手取りが40万円ほどあれば、当然その40万円を上手に毎月必要なものに足して計算していく事が重要です。

しかしボーナスで例えば住宅のローンを入れているケースなどがあればその分からさらに減らされたりしますが、基本的にはボーナスは触らないで運用などに回せるゆとりがある事がベストと言えます。ボーナスを活用して運用出来ればそれこそ一石二鳥でお金が増えていく仕組みを作ることが出来ます。40万円が年に2回で80万円毎月2万円づつ貯蓄出来ればそれこそ年間で100万円を超える金額を貯蓄しながら運用に回す計算となります。しかしそれはいっぱいいっぱいの状態であり、少しはゆとりを持った運用は必要であり毎月のハードルを少し緩めても良いでしょう。そうすれば貯まるお金にも余裕が出来て相乗効果が生まれそうです。